副鼻腔炎 なた豆茶

なた豆茶通販

なた豆茶通販

副鼻腔炎・蓄膿症を完治させるなた豆茶!経験者は日本人の12%

20〜60代の約12%が蓄膿症(ちくのう)経験者です

ちくのう

蓄膿症かも??と思ってもなかなか周囲の人に打ち明けづらい病気ですよね。
ですが恥ずかしがらなくても大丈夫です。実は蓄膿症経験者は日本人(20〜60代)の12%の人が一度はかかった事がある病気です。またここ一年以内に自分が蓄膿症ではないか?
といった症状を感じているとアンケートに答えた人は実に約5%(20人に1人)もいます。

 

蓄膿症は男性だけでの病気ではありません。

 

蓄膿

蓄膿症(ちくのう)は男性だけが患う病気ではありません。
性別別の蓄膿症出現率は男性が3.9%、女性は3.5%と性別の差はほとんどありません。
また年代も幅広く若い20〜30代で蓄膿症にかかる患者は全年齢層の64%で、
年配人だけの病気でもありません。

 

子供の小児性蓄膿症について

 

子供は発達成長過程で一度は副鼻腔炎にかかる場面があります。
その事を親が放置してしまっていると、大人さらに症状が悪化してしまい蓄膿症に進行してしまいます。このように子供の小児性蓄膿症は親の注意で事前に予防と対策が必要です。

 

なた豆茶には蓄膿症予防に効果があります

 

口臭 通販

 

蓄膿症は鼻孔の奥にある副鼻腔という場所の炎症からはじまります。
なた豆に含まれるカナバニンという薬効成分は、副鼻腔の炎症を抑え、そして化膿していも排膿効果でニオイの元の膿も押さえ口臭や鼻臭を改善させます。
有効成分のカナバニンを効率よく摂取するには、なた豆茶を一日3回4時間おきに飲むともっとも効率よく蓄膿症を予防、対策ができます。

 

なた豆茶通販

なた豆茶通販